技能士 File no. 034

【きんぞくとそう】金属塗装

繊細な手作業で、
自動車の塗装を手がける。

自動車の破損部分の塗装や、車全体の再塗装を施す仕事。下地づくりにはじまり、調色、塗装、磨きという段階を重ねて、1台の車を仕上げていく。車ごとにカラーや表面の塗装肌が異なる上、次々と新車が登場するため、細かな調整ができる技術が必要。

0341_490x390

車体ごとに違う微妙な調整をすべて手作業で行うので、経験と知識、高い技術力が必要なんだ。

もっと成長していけるよう、
上には上がいると思いながら
日々の仕事に励んでいます。

 実家が板金屋なので、昔から「家業を継ぐんだろうな」とぼんやり思っていました。高校卒業後の進路を決めないといけない時期に、父親から「仕事を継いでもらいたい」と言われたことが、板金塗装業に入る決め手です。この仕事に就いてもう10年以上になりますが、仕事のやりがいも大きく、やってきて良かったなと思います。塗装は特に、お客様に直接見てもらえる部分ですし、直接「すごいなぁ!」という風に喜んでもらえると、とても嬉しいですね。

0342_390x290

谷野さん(33歳)
車関係の仕事とあって、ドライブが大好き。家族でいる時間を大切にしながらも、たまに一人で音楽をかけながらドライブに出かけるのが至福のときだそう。

0343_114x124

技能検定合格までの道のりを教えてください。

合格と失敗が良い経験になりました。
 技能検定2級を受けたときは、予想以上にスムーズに合格することができました。しかも、金賞までいただいてしまったので、自分に技術があると思い込んで調子にのってしまったんですね。それから数年後に受けた1級の試験には落ちてしまいました。点数も半分以下で、自分はおごっていただけなんだなと気づかされました。それからは、どんな仕事でもさらに一生懸命やって、勉強や練習もして、次に1級を受検した際には無事に合格することができました。でも、点数はやっぱりそれほど良くなかったので、技術にはまだまだ上があるんだと思います。その合格証書をみるたびに、もっとがんばらないといけないなという思いがこみ上げてきます。

0344_240x190

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

人として基本的なことが大切なんです。
 塗装に限りませんが、技術はやる気さえあれば身についてくるものだと思います。あとは、その人の人間力にかかっています。先輩に認められれば技術をどんどん教えてもらえますし、必要な人だと思われれば周りの人が助けてくれます。挨拶・素直・感謝という基本的なことができたり、礼儀を大切にすることが、良い仕事をしていく上で重要ですね。

金属塗装の技能士になるには

034flow

  • 自動車鈑金塗装会社
  • 車輌修理会社 など
岡山県自動車車体整備協同組合
岡山市中区藤原25 岡山県自動車会館2F
TEL.086-273-8995