技能士 File no. 064

【きかい・ぷらんとせいず】機械・プラント製図

CADを使って一つひとつの
部品の設計図を製作する

CAD(コンピューターを使って設計することや設計するためのソフトやシステム)を使って機械製図やプラント配管製図の作成を行う仕事。機械工場や化学工場などのあらゆる装置、エンジンなどの部品図・組立図を設計する。図面の納期管理や部品全体の取りまとめ、製造工程の調整なども行う。設計図に関連する広範囲な技術や知識が必要。

修正済みP1060427

設計図に関する高度な知識はもちろん、製造にあたっての最適な材料、製造方法を取捨選択する判断力も必要なんだ。

自分が設計した部品で大きな船が動き、
人々の生活を支えている。
そう思うと、とても嬉しくなりますね。

船のディーゼルエンジンの図面を作成しています。エンジンといっても細かい部品を入れると4万点ほどあるので、それらの取りまとめや製造工程の調整なども行っています。入社してからエンジン設計一筋で、現在はタンカーやコンテナ船など商船向けのエンジンを担当していますが、深海を調査する探査船など、官公庁船向けのエンジンの設計にも関わりました。計測する機器を見やすい向きに配置したり、お客さんが使いやすい設計を検討したりして、新しいデザインを検討する際には苦労します。だいたい15名ほどで試行錯誤しながら一つのエンジンを作り上げていきます。自分たちが作図した図面で1つひとつの部品が出来上がり、全てが組み上がって無事にエンジンが起動したときにはとてもやりがいを感じます。

修正P1060439

鳥越さん
休日は2人のお子さんと過ごすことが多いそう。ライブに行くことも好きだそうで、野外フェスなど1人で県外に足を運ぶことも。

修正P1060473

技能検定合格までの道のりを教えてください。

同僚たちと一緒に、CAD操作など模擬練習を繰り返し行いました。
製図に関するJISの確認や図面の採寸、CAD操作の模擬練習を行いました。当時会社では技能士検定取得の人材育成プロジェクトを立ち上げていたので、技能士取得を目指すメンバーで集まり、学習会などを行って検定にのぞみました。当時つくったテキストは、今でも後進の育成に役立っています。

修正P1060449

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

まずは基礎知識をしっかり習得しましょう。
図面はものづくりの中で仕様を指示する重要な書類となりますので、しっかりと基礎知識を身に付けてください。部品数も多く、色々な部署から様々な情報があがってくることも多いので、情報調達はもちろん、それらの情報を全体的にみて、どれを採用するのかを判断できる視野の広い人になることが大切ですね。また、困ったことがあったときは自分一人で抱え込まずに周りに助けを求められるよう、日頃からコミュニケーションを大事にしてください。

機械・プラント製図の技能士になるには

機械プラント製図_0117

  • 自動車・船舶、産業・陸用エンジンなど幅広い分野のメーカー
  • 各種システム設計の会社など