技能士 File no. 024

【たてぐせいさく】建具製作

細かい職人技で、
多様な木製の戸を作る。

建物の窓や戸、障子などの仕切りを、木材を使用して製作する仕事。木の選別からはじまり、使用する部材を仕分け、細やかな加工を施す。組み立てが終わると、金具をつけて完成。建具製作といっても様々な種類があるので、技術を応用する力が必要。

0241_490x390

建具製作は、材料を見極める力や細かい手作業が求められる。知識と経験が必要な、まさに
職人技といえる仕事なんだ。

木工の仕事が好きなので、
良いものをつくるという想いを
もって仕事をしています。

 子供の頃から手を動かして工作することが好きでした。前職は車の整備士だったのですが、職人的な仕事がやりたかったのと、地元に帰る機会があったのでこの仕事を選びました。今は材料の選別から、仕上げまで携わると同時に、部下の技術指導も行っています。良い商品が完成したり、部下の技術が上達した時はやりがいを感じますね。
 大変なのは納期が短い時です。時間がない中、いかに手を抜かないようにするか工夫が必要です。
 また、急ぐとケガをすることがあるので、そこは十分気を付けなければいけません。

0242_390x290

吉岡さん(30歳)
スノーボードや、フィッシングが趣味のアウトドア派。チームワークを大切にし、現在は後輩の育成にも尽力。今後は作業場全体の効率化にも意欲を見せる。

0243_114x124

技能検定合格までの道のりを教えてください。

オフの時間を練習のために確保しました。
 建具製作の試験は会社の中でも1〜2人ほどしか受けませんので、自分で工夫して練習する必要がありました。夏休みの時期や、仕事が終わった後に自主的に取り組みましたね。資格は現場でそのまま活かせるので、高評価につながります。取得して本当に良かったと思っています。現在は2級なので、次は1級を狙っています。

0244_240x190

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

木工の仕事を好きになることが大切です。
 就職は狭き門かもしれませんが、自分のやりたいことを押し通してほしいと思います。そして木工の仕事を好きになってほしいです。体力的にも厳しい仕事です。大判なら80㎏を超えるボードを持って歩いたり、現場への搬入も体力勝負。仕事に対する想いが大切です。

建具製作の技能士になるには

024flow-674x379

  • 建具・家具メーカー など
岡山建具組合
真庭市下方863-1
TEL.0867-52-7817