技能士 File no. 019

【だいく】大工

住宅を建てる、
暮らしの基盤を作る仕事。

木造建造物の建築・リフォームを行う仕事。設計図通りに木材を加工し、柱や梁を組むことから、床・天井・壁などを作る内装工事まで、住宅建築に関わる作業を全般的に行う。そのため、建築に関する幅広い知識と技術が必要とされる。

0191_490x390

丁寧な仕事ほど綺麗で丈夫な家ができるため、細かな手作業が重要。木材に関する知識も
必要なんだ。

自分が建てた家にお客さんが
住んでくれる。
それがうれしいんです。

 大工の仕事に興味を持ったのは高校生の時でした。近所で昔ながらの和風住宅を建てていて、大工さんの働く姿がかっこよく見えたんです。それから、親に勧められて職業訓練校に2年通い、その後工務店で働くようになりました。
 今、大工になって5年になります。仕事を始めた頃は言われたことをこなすだけでしたが、年数を重ねるうちに自分の意見も出せるようになってきました。意見が採用されるかどうかは別として、自分なりに考えながら仕事をすることが、5年経ってやっとできはじめましたね。
 力が必要だし、土曜も仕事なので疲れがたまることもあるけど、好きなことをしているので毎日が充実しています。

0192_390x290

高須さん(26歳)
休みの日は、1歳になる長男と遊んだり、家族で買い物に行くことが多い。高校時代まで野球をしていたこともあって、今でも草野球をすることがあるそう。

0193_114x124

どういう時にやりがいを感じますか?

形に残っていくのがうれしいです。
 多くの人にとって、家は一生に1回建てるか建てないかというもの。その大切な住まいの建築を縁あって任せてもらえるのがとてもうれしいですし、自分が造ったものに住んでもらえると思ったら感慨深いものがありますね。それに、新築でもリフォームでも、ふたつとして同じ現場はないので、その現場ごとに自分で考えながら作業を進めていくことが楽しいです。

0194_240x190

これからの夢や目標を教えてください。

たくさんの技術や知識を身につけたいです。
 親方や先輩の職人さんに認めてもらいたいです。それに、お客さんにも「あの人に任せてよかった」と言われるような仕事ができるようになりたいですね。そのためにも、体調を崩して仕事を休んだりすることがないよう自己管理に気をつけて、毎日いろいろな知識や技術を吸収していくことを心がけています。

大工の技能士になるには

019flow

  • 建築会社
岡山県建設労働組合
岡山市北区駅元町23-12
TEL.086-252-2338