技能士 File no. 016

【しあげ】仕上げ[機械組立仕上げ]

確かな整備で、
圧縮機の機能向上を図る。

国内各メーカーの圧縮機のメンテナンスと補修をする仕事。圧縮機とは、ガスや空気などに圧力を加えて圧縮する機械のことで、コンプレッサとも呼ばれる。往復式のレシプロコンプレッサやターボコンプレッサなど大きさも種類も様々な圧縮機のメンテナンスに対応。

0161_490x390

主に空気を窒素と酸素などに分離する役割を果たすのが圧縮機。正常に動かすだけでなく機能向上も担う仕事なんだ。

様々な現場での経験を活かし、
メンテナンス技術の向上を目指しています。

 車が好きで、時には仲間と車一台をつくり上げてしまうほど昔から機械が好きでした。そのため、整備に魅力を感じ、この仕事に就きました。
 各企業に設置されている圧縮機のメンテナンスが主な仕事です。大きさも種類も様々な機械なので、自社工場以外に客先で整備を行うことがしばしばあります。自社工場での作業と違い、出張先の現場ではその工場独自のやり方や考え方にそって作業をしなければいけません。慣れるまで苦労しましたが、年齢を重ねて経験を積むことで、お客さんからも信頼され自分の意見が通り、円滑に仕事ができるようになりました。
 出張先で学ぶことは多く、今では出張に行くことがこの仕事の大きなやりがいとなっています。その場で判断して現場に合った整備方法を習得することは、自分自身の技術の向上につながると信じています。

0162_390x290

藤井さん(28歳)
車いじりやプラモデル作りなど、根っからのメカ好き。こまめな掃除や道具の手入れなど、作業効率やケガ防止のために職場の美化を推進。

0163_114x124

将来の夢や目標を教えてください。

多くの資格取得を目指します。
 機械組立仕上げ作業の1級や消防設備士という新たな資格取得を目指しています。技術の向上はもちろんですが、今までできなかった仕事ができるようになるなど仕事の幅も広がります。仕事の後の練習や、先輩にアドバイスをもらうなどして勉強しています。

0164_240x190

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

ものづくりが好きな気持ちが大事です。
 機械を修理したり整備したりするには、物理的な考えが必要です。自ら考えて自ら解決できたときの喜びをぜひ味わってほしいですね。あとは「ものづくりが好き」という気持ちがあれば、仕事も楽しめるはずです。

仕上げ[機械組立仕上げ]の技能士になるには

016flow

  • 重工業や食品製造など
    圧縮機設備を持っている
    幅広い分野の製造業の会社