技能士 File no. 015

【ようせつ】溶接

溶接で素材同士を
つなぎ合わせる。

溶接は、鉄やステンレスなどの部品をつなぎ合わせる仕事。アーク、TIG、半自動など、溶接には様々な方法がある。場所や使用する素材によって溶接方法が異なるため、すべての溶接を使いこなす技術や知識が必要。

0151_490x390

溶接は、工場など大規模な建物を建築する時に、材料をつなぎ合わせるために必要なんだ。

努力すればするほど
評価されるのがものづくりの魅力。

 高校卒業後に入学した訓練校で溶接の基本的な技術を学んでいくうちに、溶接の世界に魅力を感じるようになりました。その後入社した溶接専門の会社では、日本溶接協会が定める資格「溶接技術者」の専門級を取得すべく、約1年間勉強と練習を重ねました。そして専門級の取得を機に、自分の会社を興しました。大変だったことは、起業当初は仕事が少なかったことです。そのためどんな仕事にも真面目に向き合い続けました。すると、だんだん技術が認めてもらえるようになり、会社としての基盤を作っていくことができました。今は溶接を中心に幅広く工事現場に携わっています。溶接を通じて出会った人とのつながりを大切にし、会社をさらに発展させていきたいですね。

0152_390x290

金光さん(30歳)
休日には家族サービスとゴルフを楽しむ。今は7名の従業員と、40名ほどの協力会社スタッフとともに会社の成長を目指す。

0153_114x124

この仕事のやりがいを教えてください。

努力の先に信頼がついてきます。
 自分の技術を認められた時が一番の喜びです。そのため起業した当初は、技術を見てもらうために採算度外視で仕事をしていました。技術が認められ、信頼関係を構築できたことが会社の財産です。

0154_240x190

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

人とのつながりを大切に。
 技術職としてのコミュニケーションを大切にしてほしいですね。技術は人に教わることで上達しますし、円滑に仕事をするうえでも協調性は重要です。そこで築いた人脈は溶接だけでなく、あらゆる現場できっと役立つと思います。

溶接の技能士になるには

015flow

  • 各種配管工事の会社
  • 製缶工事の会社
  • 機械器具設置の会社