技能士 File no. 054

【こうこくびじゅつしあげ】広告美術仕上げ

お店の“顔”となる看板を
製作する重要な職種。

お店や企業の看板など、屋外広告の製作を行うのが広告美術業。依頼者の考えを聞き、デザインや材質を決め、製作、取り付けまで行う屋外広告のスペシャリスト。お店や企業の “顔”となる部分なので、デザイン力や技術力が試される。

kou_1-490x390

看板には鉄や木材をはじめ、様々な素材が使われている。作ったら終わりじゃなく、最後の取り付けまで行うのが仕事なんだ。

お客様に喜ばれる看板が完成した時が、
何よりも嬉しい瞬間です。

 愛媛の工業高校を卒業後、東京で音楽活動を行っていました。その時より「ものづくりの仕事に携わりたい」と感じるようになり、たまたまご縁があってこの業界に入りました。会社では、主に飲食店や薬局などのお店や、企業、病院などの立体・平面の看板を手がけています。打ち合わせからデザイン、製作、取り付けまでを行うので、お客様とのコミュニケーションが大切だと感じています。集客に直結する部分でもあるので、仕上がりを見たお客様から喜んでいただける時が一番やりがいを感じます。

kou_2

河野さん(35歳)
休日になると子どもと公園で遊んだり、家族でおでかけしたりと家族サービスもばっちり。また、料理が趣味で、得意料理はピザやパスタなど。

kou_3

仕事をする上で大変なところはありますか?

依頼者の要望通りに作ることですね。
 例えば、お客様が「こんな感じにしてください」とアイデアスケッチを描いてくださる場合がありますが、予算や素材、取り付けの構造面からできない場合があります。そういう時に、どういうやったら要望に近いものを作れるのかと試行錯誤することが大変だし、難しいと感じます。ただ、お客様に満足していただくために色々と考えることは楽しいですね。

kou_4

将来の夢や目標を教えてください。

いつかは自分の会社を持ちたい。
 何年後になるか、本当に実現するかどうか分かりませんが、いつかは独立したいですね。看板製作に関わることはどんな仕事でも携わりたい。特にデザイン面を強化できればと考えています。現在、看板製作時にアイデアスケッチがない依頼者もいます。聞き取りを基に一からデザインを考えていますが、もっとデザインを勉強し、満足度の高い製作物を作っていきたいですね。そのためにも、今の仕事をしっかりと全うする考えです。

広告美術仕上げの技能士になるには

kou-flow-674x351

  • 屋外広告物制作会社
岡山県屋外広告美術協同組合
岡山市北区西古松244
TEL.086-250-3454