技能士 File no. 050

【かいごふくしし】介護福祉士

人生の大先輩に
寄り添うサポーター。

高齢や病気などで、体が不自由な人を介護する仕事。食事やお風呂、トイレといった日常生活の手助けや、簡単な運動の指導、話し相手など仕事内容は多岐に渡る。根気と体力、気配りなどが必要だが、その分やりがいのある仕事である。

0501_490x390

超高齢化社会を迎え、ますます重要になってくる仕事。
「思いやり」が何よりも大切な職種なんだ。

「ありがとう」が仕事の原動力。
笑顔で明るく、お年寄りに寄り添った介護
をしていきたい。

 祖父母と一緒に暮らしていたことから、お年寄りと接することはごく普通のことでした。そのこともあって、大学では社会福祉を専攻。介護福祉をより深く勉強したいという思いから専門学校へ編入し、介護の基本を学びました。
 体力を使うので大変なことも多いですが、お年寄りからの「ありがとう」の一言がうれしくてうれしくて。お年寄りの笑顔が私の仕事の原動力となっています。一生、介護の仕事に携わっていきたいと思います。

0502_390x290

志部さん(27歳)
幼い頃からお年寄りと接する機会が多く、自然と今の仕事を志すように。休日には家族と過ごしたり、買い物や映画を楽しんだりしてリフレッシュ。

0503_114x124

資格を取得してどう役立っていますか。

考え方や仕事の幅が広がりました。
 今まで現場で培った知識や方法を見直す、いいきっかけになりました。新たな課題も見つかり、今まで以上にお年寄りのことを考えるようになりましたね。介護福祉士の資格を取得することで仕事の幅も広がり、その分やりがいも大きくなります。次に取得したいのは、「ケアマネージャー」。どんどんスキルアップして多方面からお年寄りの介護ができるよう、これからも笑顔で頑張っていきたいです。

0504_240x190

これからこの職種を目指す人へアドバイスを。

実際の介護の現場を体感してください。
 ボランティアやアルバイトでもよいので、実際に介護の現場を体感することをおすすめします。介護の基本的な技術やノウハウも必要ですが、それ以上に大切なのはお年寄りとの関わり方やコミュニケーション。実際の介護現場では、学校の実習だけでは得られないことが多く、度胸がつきます。最初はどうしていいかわからないことの連続だと思います。「うまくいかなかった」と落ち込むのでなく、この失敗を次にどう生かしていくかが大切。笑顔や感謝の言葉をもらったときは、悩みが吹っ飛ぶほどうれしいものです。

介護福祉士の技能士になるには

050flow

  • 老人ホーム
  • 訪問介護施設
  • デイサービス など